ADMIN TITLE LIST
久しぶりに、お犬様の話でも。


4月29日にトリミングに行ってから、何故か床にお尻をスリスリするようになったので、
今日、遅くなりながらも、動物病院に連れて行ってみました。
お尻付近の毛がスッキリしたので、虫的なものに襲われたのかと…。

結果は、
ちゃんと肛門腺が絞れて無かったのかも?
あるいは絞ったけれどちょっと残ってた。
で、その分泌物がお尻についてしまって、かぶれちゃったんだと思います。
デリケートな部分ですからね。

との事でした。
軟膏塗ったら、お尻スリスリしなくなりました。
良かった!大事にならなくて良かった!

お犬様は、診察呼ばれるまでが落ち着き無く、
ずっとヒュンヒュン可愛い声で鳴いておりました。
ビビリ過ぎw
終わった途端に走って散歩に行く始末です。
げんきん過ぎw

家に着いたら、遊んでくれとねだり始めたので
「なぁにぃ~?さっきまでヒュンヒュンないてたのにー」
とからかってやろうとした所

(・∀・)「なぁに~?さっきまでヒュンヒュン「わんっ!」(^ω^∪)

(・∀・)「なぁに~?さっきまでヒュンヒュ「わんっ!」(^ω^∪)

(・∀・)「なぁに~?さっきまでヒュン「わんっ!」(^ω^∪)

さり気なく、触れないように流そうとしてやがるwwwww
かわぅいヤツだw

すっかり元気になって良かったです。
これから一週間、用を足した後は軟膏を塗り塗りせねばいけません。
毎日お尻キレイキレイだよ!(`・ω・´)

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





最近、やたらと水をガブガブ飲んでいるので、
もしかしたら糖尿病を患ったのかもしれん・・・おデブちゃんだし。
と心配になって病院に連れて行きました。

結果、タイトルの通り、膀胱炎を患っていたようです。
レントゲンを見る限りでは石は無さそうっぽいので、
お薬を飲ませて一週間後に再び病院へ、という事に。
オスってメスより膀胱炎なりにくいらしいですよ。
人間もそうらしいですよ。
何だろう、お犬様的に「今日はキレが悪いからイッパイ水飲んでみっか!」って
感じだったのでしょうか?あのガブ飲みっぷりは。

ついでに、最近お耳が臭いので診て貰ったところ、
耳の中に雑菌が入っていた模様。いつの間に((((;゚Д゚))
洗浄液を貰ってきました。
これを耳の中に入れて、耳を揉む(揉めなければ無理しなくてもおk)、
すると、お犬様が耳に入った水を出そうとブルブルする。
その時に、うるけた耳垢がスポーンと飛び出る仕組みです。
本当凄い勢いで耳垢が飛ぶので、外でやろうと思いました。

一週間後には元気なお犬様に戻っているといいなぁ。
・・・別に床に伏せっている訳では無いのですが。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





オカルト板もぐりさんを読んでから
最近うちの家の周りを徘徊している野良猫達に
「人間の言葉喋ってみてよ~」とせがんでみています。
「お前の本当の名前なんて言うの?」とかw
昨日、たまたまアンビリバボーを見たら喋ってましたね。猫ちゃん。

祖父母宅で飼っていた犬は「ごはん」は言えてました。
(ごはんって言うかごあんみたいな感じでしたが)
うちのお犬様にも「ごはんって言ってみ」何てやってますが、
埒があきませんでした。おっさんみたいな声で鳴くだけです。
コヤツが可愛い声で鳴くのは「お留守番ね」の時位です。
車に残して買い物に行くと、今にも殺されそうな声で鳴くのは困りモノです。
車に乗っている時は大人しいのに・・・。
きちんと助手席に座っているのに・・・w
困った寂しがり屋さんです。夜は独りで寝れる癖に・・・不思議。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記






お犬様を散歩に連れ出すと後ろを近所を徘徊する野良猫たちがついてきます。

野良猫たちはお犬様に構って貰いたいようですが、
お犬様、我関せず。
猫達は飛んできては地面をゴロゴロと転がりますが、
お犬様、我関せず。
時々猫達が車にはねられやしないかと、心配しています。
何で私が・・・w
ちなみに絵に描いた黒と白のぶち猫は、
私が触ろうとすると逃げます
お犬様以外には触られたくないようです。ナンダカナー。


そんなお犬様、最近大惨事発生です。
ダニに寄生されてましたorz
私の仕事中に母が、
ふと犬の顔を見ると、目の上に肌色の突起を発見。
「ナニコレ?ふきでもの?犬にも出来るの??
 ダニ?でもダニはこんなにデカくないよなぁ・・・。」
と心配になって病院に連れて行ったところ
ダニだったらしく、現在、お犬様の目の上は
ダニを除去したためちょっとえぐれています。
気付かなくてごめんよ。(´・ω・`)
どこで貰ってきたのかなぁ。野良猫ズかなぁ・・・?


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





昨日、お散歩中に突如「キャイン!」とお叫びになった我が家のお犬様。
それっきり、右の後ろ足が曲がったまんまになりました。
そんな日に限って、車検で車は無いわ、もう一台は親父が乗ったまま
お出かけなさるわ~で、今朝、病院に行ってきました。

・・・内・・・何とか・・・脱臼だそうです。(先生に5回も言わせて覚えてないって)
膝のお皿が内側に入ってしまう脱臼だったそうで。
痛がるお犬様をなだめて、先生はあっさりと治しました。
1歳未満で脱臼する犬は、関節が畸形だったりと、色々あって慢性化する子も居るそうです。
幸い、うちのお犬様は1歳を越えてますので、畸形の線は無いらしく。
慢性化している犬は、歩くたびに、ズレる、戻る、ズレる・・・を繰り返して、
慣れちゃう子も居るそうで。・・・何と言うキャシャリン。

で、自宅に到着。大事を取って抱っこして室内へ。
「お散歩は当分控えなきゃね」
なんて言って、1時間後。悲劇が。

郵便物がポストに突っ込まれる音に反応したお犬様は、
興奮して玄関に飛び出ました。
グルグル回り出した時「キャイン!」
再び脱臼 orz
当分ケージから出さないようにしなければ・・・。
でもケージ内でグルグル回ったら意味も無いような・・・。('A`)
5時ごろ、また病院行って来ます。
>> 続きを読む

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 なし。, All rights reserved.